乾燥から肌を守りたい!スキンケアでやっておくべき3つのポイント

スポンサーリンク

冬場は、お肌が乾燥する時期ですね。

肌が乾燥すると、カサカサしたり

白い粉が吹いて困りますよね。

 

私も、どちらかというと

乾燥肌の敏感肌でスキンケアに気を使っています。

 

乾燥から、肌を守るためには

スキンケアでやっておくべきポイントがあります。

 

いくつか、ポイントを挙げてみましょう。

スポンサーリンク

肌を乾燥から守る正しいスキンケア方法

まず、正しいスキンケアの方法で

乾燥から肌を守りましょう。

 

クレンジングをして、洗顔をした後

手のひらで温めた化粧水

肌に押し込むようになじませましょう。

 

乾燥から、肌を守るために

セラミド入りの美容液をつけ加えましょう。

 

最後に、化粧水の成分や美容液が

外に漏れてしまわないよう

乳液でふたをする感じです。

乾燥から肌を守るには?日常のお手入れ3つのコツ

乾燥から、肌を守るためのポイントは

  1. 洗顔の後に素早くケアすること
  2. 適量を数回に分けてつけること
  3. 化粧水は自分の手で温め押し込む

以上の3点が、スキンケアの大事なポイントです。

どうぞ、ご参考にしてください。

 

今回は、そんな乾燥肌をテーマに

乾燥肌が原因?肌にかゆみが出る原因

乾燥肌にならないための肌改善方法

についてご紹介します。

乾燥肌が原因?肌にかゆみが出る原因

乾燥肌は、特に冬場など

空気が乾燥した時期に起こりやすくなりますね。

 

実際に、私も乾燥肌なので良く分かります。

 

私の場合には、軽いものですが

やはり毎年かかりつけの皮膚科に

体に塗るための保湿剤をもらいに行きます。

 

肌にかゆみが出る原因というのは

どのような、原因があるのでしょうか。

 

かゆみが出るというのは、

皮膚に異常がある場合と

それ以外の場合があります。

 

皮膚に原因がある場合には、

乾燥肌やアトピー性皮膚炎や虫刺されなどの場合です。

 

また、それ以外の場合というのは

糖尿病などの場合を指します。

 

乾燥肌は、ドライスキンとも呼ばれています。

 

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織からなっています。

 

表皮の厚さは、0.2ミリですが

もっとも外側は角質細胞が

ぎっしり積み重なっています。

 

角質の隙間には、

セラミドと呼ばれる脂質が埋められています。

 

そこには、水をためるような仕組みになっています。

 

ところが、加齢などで

セラミドが減ってしまうことがあります。

 

その場合に、皮膚からは水分が奪われて

カサカサした乾燥肌になってしまうのです。

そして、かゆみが起こるということなのです。

 

私の場合には、学生のころから

カサカサとした乾燥肌でしたので長い付き合いです。

やはり、冬場が一番つらいです。

乾燥肌にならないための肌改善方法

かゆくて、辛い乾燥肌にならないための

肌改善方法とはどのようなものがあるのでしょうか。

 

乾燥肌にならないための対策について

いくつか挙げてみます。

アミノ酸・セラミドを補う

乾燥肌は、天然保湿因子や細胞間脂質が

気温の低下で減ってしまうことから起こります。

ですので、これらの成分を補うことが大切です。

 

その成分が、アミノ酸とセラミドです。

スキンケアをするときには、特に

この成分が入っているものを選ぶようにしましょう。

 

メイク落とし・クレンジングの負担を少なくする

乾燥肌の方は、クレンジングは

ミルクタイプやクリームタイプを選んでください。

 

また、すすぎ方も気を付けましょう。

 

熱いお湯も、天然保湿因子を

一緒に流してしまうので

32度から34度の人肌程度の

ぬるま湯で、すすぎましょう。

 

乾燥肌も紫外線対策が大事!

UV対策は、乾燥肌にも

大きな意味があります。

 

日差しが強くい時期でも、

必ず365日紫外線対策はしましょう。

 

以上のような点に配慮しながら、

乾燥肌を対策していきましょう。

 

まとめ

今回は、

乾燥肌が原因?肌にかゆみが出る原因

乾燥肌にならないための肌改善方法

についてご紹介してきました。

 

私の場合には、

もうすでに乾燥肌なのですが

改善していくことに参考になる点がたくさんありました。

 

乾燥肌は、本当に改善したいものです。

 

寒くなると乾燥でかゆくなりますし

温めれば温めたで

血の巡りが良くなってかゆくなるのです。

 

今回は、肌にかゆみが出る

原因などについても知ることができました。

 

私も、肌について大変良い勉強になりました。

タイトルとURLをコピーしました