ベビ待ち期間の平均ってどれくらい?妊活に疲れてませんか?

スポンサーリンク

「不妊」というマイナスイメージな言葉に代わり、「ベビ待ち」というポジティブな言葉が浸透してきた最近ですが…

 

いわゆる「妊活」の実態を理解しているのは、実際に妊活している女性だけなのが現状…。

 

周りから挨拶代わりのように

「こども作らないの?」

なんて聞かれると、うんざりしてしまいますよね。

 

妊活していることを公表しているかどうかにかかわらず、心ない言葉に傷ついている方はたくさんいると思います。

 

テレビなどでもあまり取り上げられないため、情報を集めようと、毎日検索魔になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか…?

 

こんな毎日が続くと、

「もう妊活に疲れた…。
いったいどれくらい頑張ればいいの…?」

と、心身ともに疲弊しきってしまいます。

 

そんなお悩みをお持ちのあなたに、
一般的なベビ待ちについてまとめましたので、ぜひご覧ください。

 

まず、すべての年齢の女性を含むベビ待ちの期間は、およそ1年と言われています。

 

もちろん個人差はありますが、アメリカの医学界では35歳以下の女性が1年妊活して不妊の場合、医療機関の受診を推奨しています。

 

35歳を過ぎると高齢出産と言われますよね。

 

これは、卵子が老化し始めるからです。

 

加えて出産のリスクも上がるため、
35歳以上であり、妊活に不安を感じているのであれば1年と言わず、すぐに医療機関を受診した方が良いでしょう。

 

病院で正式な検査をすることで、
ご自身が不妊かどうかをなるべく早くに調べることができます。

今後の未来を考える上でも、必要な受診です。

 

そして、スルーしてはいけないのが、男性側の状態です。

 

男性も女性と同様、35歳という年齢で精子の機能が衰えるというデータが出ています。

(加齢に関係なく衰えない方もいらっしゃいます。)

 

その他にも、染色体異常や無精子症など、加齢によるリスクはさまざまです。

もちろん年齢に関係なく、生まれてきたお子さんがすくすくと育っているというデータが多くあるのも事実ですが、万が一のリスクを侮ることは賢いとは言えません。

旦那さんが高齢の場合は妊活を急ぐ方がいいと言えるでしょう。

 

スポンサーリンク

ベビ待ちブログ「30代」「40代」の紹介


色々と言いましたが、晩婚化が進む現代、同じように努力されてきた先人がたくさんいらっしゃいます。

 

参考になる記事で少しでも前向きになれるよう、オススメのブログをご紹介させていただきますね!

 

https://ameblo.jp/yakuzen-megumi/

 

まずは、体質改善妊活アドバイザー国際薬膳師として活動されている
安嶋めぐみさんのブログです。

妊活中の女性に寄り添う優しい文章と、明るい絵文字に癒されながら読んでみてくださいね♪

 

https://ameblo.jp/karikonote/

 

続いては、かりこさんが営むこちらのブログです。

妊活の記録を詳細に書かれていて、勉強になります。

オススメの無添加サプリなども紹介されていますので、ぜひ一度チェックしてみてください。

 

https://ameblo.jp/matsubooon/

 

最後は、なんとお医者さんがされているブログ!

生殖医療専門医でいらっしゃる、松林秀彦先生が正確な情報を発信されています。

ブログトップにテーマ別にまとめられていますので、知りたい答えにたどり着きやすく、読みやすいですよ♪

 

三者三様のテイストを選んでみました。

 

あなたがお好みのブログと出会えましたら幸いです。

 

妊活できること…ベビ待ちに疲れたあなたへ


妊活において、いろいろなジンクスやおまじないが飛び交っていますが…

やはり、

「ストレスを溜めない。」

これが一番です!

 

よく食べて、よく動き、よく寝る…。

 

規則正しい生活週間はストレスを溜めない身体を作ります!

 

でも、ストイックすぎるのもよくありませんから、もしもジャンクフードを食べたくなったら、その時は満足するまで食べちゃいましょう!

 

とにかく無理をしないことが大事です。

 

自分の体としっかり相談して、妊娠を問題なく継続できる体作りを心がけてくださいね!

 

まとめ


いかがでしたか?

 

ついつい焦ってしまいがちですが、焦りは一番の敵です!

心穏やかにどーんと構えて、コウノトリを持ちましょう。

 

必要であれば医療機関の受診も視野に入れてくださいね。

あなたが最善の方法に出会えることを願っています。

タイトルとURLをコピーしました