お盆の帰省が憂鬱…嫁の悩み体験談&気晴らしアイディアまとめ!

スポンサーリンク

お盆といえば、旦那さまの実家に帰省するというお家も多いでしょう。

 

旦那さまは嬉しいのかもしれませんが、嫁としては義理の両親と過ごすのは少し苦痛という意見もあるかもしれません。

 

特に、色々と意見されては嫁の立場もなくなりますよね。

私の場合は、旦那の実家にはちょくちょく顔を出して、ご飯を一緒に食べるようにしています。

 

お盆も欠かさず旦那の実家に行きます。

今はもうすっかり慣れましたが、以前は旦那の実家ではなかなかゆっくりと過ごすことができませんでした。たとえ何日間といっても気を遣いながら過ごすのは辛いですよね。

 

我が家の場合、みんなで食べる材料を買うという理由で、子どもたちはおじいちゃん・おばあちゃんに見てもらっている間、気分転換に買い物に出かけます。

 

義理の両親も、普段一緒に過ごすことがない子どもとの時間ですし、私たちも息抜きができる貴重な時間です。

 

嫁にとっては、やはり自分の母親とは違って少し気を遣いながら過ごす時間というのは持て余すもの。

しかし、それも時が経てば自然と解決すると思います。

 

何年も義理の両親と付き合っていると、その人の性格もわかってきますし好みもわかるのでだんだんと楽になることでしょう。

 

これから帰省する方は少し憂鬱かもしれませんが義理の両親たちは孫や息子夫婦に会えるの心からを楽しみにしていますよ。

 

素敵な時間を過ごしてくださいね。

 

スポンサーリンク

【お盆に帰省あるある】嫁姑問題が気まずい、孫に無関心orうるさい…

 

お盆に帰省することで、よくある問題としては久ぶりに会う嫁と姑の問題にあると思います。

 

どんな世の中になってもこの嫁姑問題は永遠のテーマです。

 

確かにもともとは他人だった二人が仲良く過ごすことは難しいことですよね。

 

久しぶりに会ったのに、孫のことに無関心であったり孫のすることに小言を言うようなお姑さんには困ってしまいます。

 

孫の成長を楽しみにしていて話しを聞いてくれるような優しい姑であればいいのですが…。

 

ただでさえ憂鬱な思いをして旦那の実家に来たのに、愚痴など言われるとたまったものではありません。

かつてお姑さんも自分が嫁であった時のことを思い出して、せめて一緒にいる間だけでも協力してほしい…なんて思ったりもします。

 

久しぶりに会った孫にどう接していいのか戸惑っているのかもしれませんが、無関心だったり、反対にうるさすぎるというもの孫にしてみれば嬉しくないこと。

せっかくゆっくりしに帰省したんだから自然体で迎えてほしいと思います。

 

帰省は疲れる…ストレス解消!気晴らしアイディア2選!

帰省は、大変疲れるものだというお嫁さんは多いようで、私の周りにもけっこういます。

 

気晴らしのアイディアとしては、

まずは帰省した時には義理の両親と温泉に行くということです。

 

このアイディアの良いところは、一切の家事から解放されるということです。

 

また、部屋も2部屋取っていると若夫婦と義理の両親は部屋が違うので、お互いに気を遣わなくても済むということです。

 

帰省の中の1泊2日をそのように外で過ごすのも良いアイディアでしょう。

 

もう一つも外出することですが

全員でショッピングモールなどに行くことです。

 

家にいるとお姑さんも息が詰まります。

気分転換にもなり、外出するとそれはそれで疲れますが自宅の居心地の良さを再認識するもの。

 

このように、楽しい時間を共有することで帰省の疲れ方も変わってくるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、お盆の 帰省 憂鬱について調べてみました。

 

お盆は、やはり嫁としては帰省するのは少し憂鬱と思う人も多いです。

 

それを色んなアイディアで上手に乗り切ることが大切だと強く感じました。

タイトルとURLをコピーしました