転勤の挨拶はメールでOK!間違えたらヤバい常識&メール文例集

スポンサーリンク

転勤といえば、若手の社員に多いもの。

 

これから転勤になるけど、

どう挨拶すればいいか、いまいちわからない…。

 

そんな方でも大丈夫。

転勤時の挨拶について、1からお教えいたします。

スポンサーリンク

【むしろありがたい】転勤の挨拶はメールでOK!

「メールでの挨拶は

相手に対して失礼なのかも…」

と思われる方も多いかもしれません。

 

そんな不安を取り除くための理由を

ここで、ご説明します。

メールでのやり取りの方が、逆に相手にとってもありがたい!

今のように、

PCが一人に一台普及する前は、

転勤の挨拶に『挨拶状』

というのが用いられていたそうです。

 

人とのつながりを何よりも

大切にしていたのがよくわかりますね。

 

しかし、現代は

何よりもスピードが重視される社会です。

 

挨拶をする側も、受け取る側も

そんな悠長に時間をかけている余裕はありません。

 

そのため、お互い手間もかからず

かといって失礼にも当たらない

『メール』での挨拶が、現在は主流です。

 

ただ、やはりメールだけだと

何だか冷たい印象だと

捉えがちなのが人情というもの。

 

仕事の引継ぎなどで

いくら忙しいとはいえ、

 

少なくとも普段から

お世話になった上司や先輩には、

メールだけではなく

口頭での挨拶は欠かさず行いたいですね!

【社内・社外】転勤挨拶メールに最適!テンプレート集

実際に使用できる、

分かりやすい転勤の挨拶メール

ここではご紹介します。

 

社外向け・社内向けとありますので、

ぜひ違いを意識してみてください。

【社外向け】取引先に向けた転勤挨拶メール文例

件名:【転勤のご挨拶】〇〇(あなたの氏名)

株式会社〇〇◇◇様いつもお世話になっております。

株式会社△△の××と申します。

 

このたび、私事ではございますが、

〇月〇日に□□支店へ転勤することになりました。

 

公私にわたりお世話になり、本当にありがとうございました。

 

本来ならば、直接お伺いし、ご挨拶するべきところですが

急な辞令のため、メールにて失礼いたします。

 

なお、後任は■■が務めさせていただきます。

後日、■■より改めてご連絡のうえ、

ご挨拶に伺う予定でございます。

 

引き続きよろしくお願いいたします。

〇〇(あなたの氏名)

【社内向け】不特定多数の人に向けた転勤挨拶メールの文例

件名:【転勤のご挨拶】〇〇(あなたの氏名)

 

〇〇部の皆さま

 

お疲れ様です。

〇〇部の××です。

 

このたび、〇月〇日付で、

〇〇部から□□支店△△部への人事異動が決まりました。

 

〇〇部在籍中は、

部長である○〇さんをはじめ

皆さまには大変お世話になりました。

 

これからも〇〇部で学んだことを生かして

□□支店でも頑張ってまいります。

 

出張などで□□支店にいらした際は、ぜひお声がけください。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

〇〇(あなたの氏名)

【社内向け】異動先の上司に向けた転勤挨拶メール文例

件名:【転勤のご挨拶】〇〇(あなたの氏名)

□□部長

お疲れ様です。

 

このたびの人事異動で

〇月〇日よりお世話になることになりました

××と申します。

 

人事異動前は〇〇部で、〇〇を担当して参りました。

 

□□部におきましても、

これまで以上に努力する所存ですので

ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

〇〇(あなたの氏名)

転勤って拒否できる?出世に響く?お答えします!

法律的には原則、

転勤命令は拒否することができない!

会社に入社する際に、

雇用契約書を作成したり

就業規則を手渡されたかと思います。

 

その中で『転勤』について、

例えば『会社の指示する場所で勤務する』

というような記載のあった場合。

 

原則として、会社の転勤命令を社員は拒むことはできません。

 

なぜなら、会社に入社する前に、

雇用契約書や就業規則内で、

 

労働条件として転勤があり得ることを、

会社側は事前に伝えていた

と考えることができるからです。

 

そのため、働いている社員は

事前に、その条件に同意して

入社したと判断することができます。

 

結果、一部の例外を除き、

転勤命令は拒否することができないとされています。

出世競争への影響も否めない。

しかし、それでも

転勤は嫌な人にとっては嫌なもの。

 

どうにかして免れられないのか。

と思う方もいらっしゃるかと思います。

 

そのような場合は、ひとまず

会社に「転勤をしたくない」

と申し出てみてください。

 

意外とすんなり

転勤の話はなかったことになるかもしれません。

 

しかし、当然会社から良い印象は持たれないでしょう。

 

なぜなら、転勤というのは、

ある種、会社が貴方を成長させるために

与えたチャンスでもあるのです。

 

それを断るということは、

会社からすれば、成長に対する意欲がない。

 

つまり、今後

スキルアップは望めないと判断できるためです。

 

そのため、特段理由なく転勤を拒めば、

出世に対する影響はないとは言えないでしょう。

まとめ

転勤にまつわる知識や

メールのテンプレートをご紹介しました。

 

テンプレートにおいては、

いずれも異動日を必ずいれていましたが、

 

文面を作成する際は、

相手を混乱させないためにも

欠かさずに入力するようにしてください。

 

また、メール内においては、

実際にあった事例などを盛り込むと、

なお丁寧なメールが作成できると思います。

 

お世話になった人たちに、

気持ちのこもったメールが

作成できるよう、頑張ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました