喫茶店経営って儲かる?儲からない??赤字続いたらどうする?

スポンサーリンク

ほっと一息つける喫茶店カフェ

 

最近では趣向をこらした

ステキな喫茶店やカフェが増えました。

自分も喫茶店やカフェのオーナーになってみたいなぁ

と考える人も、少なくないのではないでしょうか?

 

でも、喫茶店経営は儲かるのでしょうか?

そして、赤字が続いたらどうなるのでしょうか

 

喫茶店経営で、まず安定した経営をしようと考えるのなら、

一日の座席の回転率は最低でも6回

だと言われています。

 

10席しかない小さい喫茶店なら、

一日のお客様が60名以上必要、ということです。

 

このお客様の数をキープすることはほぼ不可能、と

多くの喫茶店経営者が語っています。

 

お天気が悪ければ、お客さんの入りは悪くなるそうです。

 

また、一日60人も来るとなると、

それなりに人が多い場所を選ぶ必要があり

そうなると賃貸料などで経費がかかります。

 

喫茶店やカフェ経営は儲かりにくいと言われています。

 

赤字が続けばもちろん廃業。

 

内装などを手掛けていれば、借金だけが手元に残り、

廃業に追い込まれてしまいます。

 

 

スポンサーリンク

カフェ経営フランチャイズでタイプ違う!選び方のポイントは?

個人経営が難しい喫茶店やカフェ。

 

それならば、経営ですでに上手くいっている喫茶店や

カフェのフランチャイズ店として

自分の店を持つ、というのも一つの方法です。

 

フランチャイズ店だと、始めるにあたっての経費が

安く抑えることができる場合が多く、安定した経営が望めます。

 

比較的お客さんの長時間の滞在が多い場合は、

回転率が望めませんので、単価を高く設定します。

 

その分、長時間過ごすことができる

居心地の良い空間をつくるので、

ソファなどに十分配慮が行き届かないと、

失敗してしまいます

 

この空間づくりでお金がかかります。

このようなフランチャイズ店もあります。

 

逆に、都会の駅前の店舗のように、

低単価高回転率が特徴のフランチャイズもあります。

 

こちらはとにかく回転が速いです。

 

忙しい中、一息つくために来る人が出たり入ったりします。

こちらのフランチャイズ店もあります。

 

フランチャイズでは、

このどちらか一方のお店であることが多いです。

 

個人経営だとすべてが個人負担となりますが、

フランチャイズだと必要な器具のレンタルがあったり、

安く譲り受けることができたりと、

少し経費が抑えられることもあります。

 

ロイヤリティーは支払うけれど、

成功したビジネスをそのまま使えるという安定感があります。

 

 

一人でカフェ経営はメリットもデメリットも!経営者の自覚持てる?

それでも、やはり自分のこだわりの

喫茶店やカフェを開店したい、と考えた場合は、

まず、喫茶店またはカフェで修行をすることが一番!

と、実際に店長を務めている人は話しています。

 

実際の現場で経営の難しさ、

厳しさも含めて学ぶことは非常に大切だ、と言います。

 

お客さんの流れなどもよく理解できるそうです。

 

また、単独経営は良いのですが、

一人だけで店を回すのは不可能であることも知られています。

 

そのような力の匙加減もわかり、

必要以上に人を頼まなくても済んだり、

逆に必要な場面にきちんと人手を確保できる、

ということも分かるそうです。

 

それらのことを知り、踏まえた上で、

どのように経営してゆくのか

きちんと具体的にして準備をしてから

開店するのが確実です。

 

個人経営のメリットは、フランチャイズとは違い、

とことん自分のこだわりの店を

手作りでつくってゆくことが出来ることです。

 

内装をはじめとした空間演出

メニューもすべて自分のこだわりで

お店を作ってゆけるところがメリットになります。

 

そして、大切なお店を継続して続けてゆくために、

冷静に経営を考えられる経営者の目も必要不可欠です。

 

 

まとめ

 

以上、喫茶店経営は儲かるのか、儲からないのか

フランチャイズ店で店を持つ、

個人経営で店を持つことについて紹介しました。

 

商売は難しいとは言いますが、

そんな中でもコツコツと経営できれば、

やはり自分で事業を起こし、経営していくことは

やりがいのある仕事です。

 

私のお気に入りの喫茶店はワンドリンクを注文したら、

場所代は取らずに席を貸してくれました。

 

有志で集まった読書会や、占い同好会

みたいなものも生まれていました。

 

自然と人が集まり、ふらりと立ち寄れる喫茶店になっていました。

 

いろいろなイベントも開かれ、本当に面白い場所でした。

疲れた時にはよく立ち寄ったものです。

 

今後、喫茶店やカフェの経営を考える場合には、

経営が上手くゆくコツをしっかり学んだ上で、

ステキなお店を開店させてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました