風呂の鏡の水垢に紙ヤスリ有効!クエン酸と併用でピカピカ!注意点は

スポンサーリンク

お風呂の鏡の水垢が気になるという方は、多いですよね。

 

我が家も、やはり掃除を怠ると、水垢に悩みます。

その際には、風呂の鏡の水垢には、

紙ヤスリが効くのです。

 

さらに、クエン酸との併用で、

さらにピカピカになる!

 

クエン酸は、白くなって取れなくなった

水垢汚れによく効くのですね

 

そのため、お風呂場の水垢取りには、クエン酸水がピッタリ!

 

クエン酸水は、500mlの水に、

クエン酸を小さじ2から3杯を溶かすだけです。

 

鏡にキッチンペーパーを貼り付けて

クエン酸水を吹きかけましょう。

 

この状態で、10待ちます。

 

さらに、鏡がまだ濡れている状態で

紙ヤスリで磨いていきましょう。

 

つるつるになったら、

シャワーでクエン酸水を流し、これで完了です。

 

とてもきれいになりますよ!

 

また、手が荒れないように手袋をすることや、

換気も忘れないでくださいね。

 

私が参考にしたのは、

『ぴらめこな生活』というホームページ。

 

簡単にできるので

子どもに手伝ってもらうのも良いですね!

 

 

スポンサーリンク

クエン酸水で鏡の水垢落とすときはキッチンチンペーパーに付けて貼る

クエン酸水で鏡の水垢を落とす時には、

上でも紹介しましたが、

キッチンペーパーを貼り付けると便利です。

 

なかなか取れないうろこ状の鏡の汚れ、ありますよね。

 

これを、キッチンペーパーを貼り付けて、

クエン酸水をその上からかけていくのです。

 

すると、パックのような状態になって、

きれいに汚れが落ちてくれるのです。

 

10分くらいのパックでは、

それほど汚れの落ちが分かりにくいかもしれません。

 

軽い汚れならば、パックをしたら

すぐに汚れが取れる場合もありますが

 

こびりついた水垢なら

眺めにパックしてみて!

 

このように、鏡の水垢を落とす時には、

キッチンペーパーが役立ちます。

 

 

鏡の水垢に有効な漂白剤は塩素系

鏡の水垢を落としてくれるのに役立つ漂白剤は、

塩素系が良いと言われています。

 

というのも

水道水から出来た水垢のミネラル分は、アルカリ性。

 

水垢を落とすには、

アルカリと反対の性質を持つ

酸性のものが良く効くのです。

 

その中の一つに、塩素系の漂白剤があります。

 

漂白剤を鏡に振りかけたら、30ほど放置しましょう。

 

水垢は固いので、なかなか短時間では効きません。

 

なお、塩素系の洗剤を使う場合は、

必ず、マスクゴーグル

三角巾や水手袋を着用!

 

もちろん、換気にも気を付けましょう。

 

その後は、歯ブラシやスポンジで鏡をこすり洗いしましょう。

 

この時には、こすりすぎて

鏡の上面を傷つけないよう

注意しながら作業をしましょう。

 

まとめ

 

今回は、『鏡 水垢 ヤスリ』について調べてみました。

 

お風呂の鏡は、確かに水垢が我が家でも付きやすいです。

 

定期的に掃除をしようと思いますが、

なかなかできずに溜まっています。

 

今回、このような具体的な方法が分かったので、

ぜひまた挑戦したいです。

 

鏡を綺麗にしたいです。

 

また、紙ヤスリで鏡の表面が

綺麗になることは知りませんでした。

 

このような方法できちんとお手入れをしていると、

鏡の水垢も気にならないのだろうとも思いました。

 

塩素系の漂白剤よりも、クエン酸水の方がまだ

体にも自然にも優しそうな感じがするので、

我が家では、こちらで試してみたいです。

 

特に、子供たちがお風呂場で遊んだ後には、

水垢が良くできている感じがしますので、

気になり始めたら、すぐにでも掃除をしたいなと思います。

 

お風呂で一番気になる場所だったので、

掃除の仕方が分かってすっきりしました。

 

紙ヤスリをまた購入して、子供達にも手伝ってもらいながら

楽しく掃除をしたいなと思います。

 

子供達も、水垢の取り方が分かると、

大変勉強になるでしょう。

 

水垢があると、お風呂も少し汚い感じに見えますから

すぐに綺麗にしたいなと思いました。

 

このような手短にできる方法が、

今回調べて理解できたので、

大変役に立つキーワードでした。

 

タイトルとURLをコピーしました