育休中に再び妊娠!?退職すべき?失業手当もらえる?

スポンサーリンク

育休中に再び妊娠してしまった場合には、

退職すべきなのでしょうか。

 

この場合には、失業手当はもらえるのでしょうか。

女性であれば、その可能性がある人も出てくるので、

ぜひ知っておきたい情報ですね。

 

育休中の妊娠では、

会社側にも報告することが大切になりますね。

 

なるべく早い時期、妊娠8週くらい

電話か書面で伝えるようにしましょう。

 

報告する時には、出産予定日と合わせて

自分の希望も伝えることも大切です。

 

育休の延長となると、会社にかかる負担や、

妊娠中に小さい子供を育てながら働くことに不安を感じ、

退職を考える方も多いでしょう。

 

復帰するのか、退職するのかは

きちんと家族で話し合いましょう。

 

失業保険については、失業保険を貰うためには

ハローワークへの来職の申し込みができること

いつでも就職能力のある事

隔離日以前に被保険者期間が12か月以上であることです。

 

以上のような点から、

退職するのかどうかをよく考えてから決めましょう。

 

 

スポンサーリンク

育休中に退職を決意!連絡を電話でするのはNG?

育休中でも、やはり事情があり

退職をしないといけない場合もあるでしょう。

 

その場合には、連絡を電話でするのは

やはり良いこととはいえません。

 

それは、今までお世話になった会社に育休を取らせてもらい、

その分は他の社員に迷惑が掛かっていることを

忘れてはいけません。

 

できることならば、上司にあらかじめ電話をして

時間を作ってもらいましょう。

 

直接上司に会い、事情を話してから

退職を切り出すのが筋でしょう。

 

このようなことから、

やはり電話での退職の連絡は望ましくありません

 

人として、やはり大切な心掛けですよね。

 

 

育休中の退職手続きは面倒がらず直属上司や部署への連絡しっかり

 

育休中に退職を決めた場合には、

手短に済ませたいと思う人もいるかもしれませんが、

きちんとすることが大切です。

 

面倒がらずに、直属の上司や部署へも

きちんと連絡をしましょう。

 

特に、直属の上司などは、

職場に戻って仕事をしてもらいたい

という気持ちで待たれているでしょう。

 

その期待もあるので、やはり無視してはいけません

 

復帰してくる社員のために、

準備などもしているでしょうから、

その気持ちも考えて行動しましょう。

 

同僚ももちろん、あなたが帰ってくるのを待っているでしょう。

 

同じ部署の人にも、自分が休んでいることで、

負担をかけているということを

忘れないようにしましょう。

 

その連絡がきちんとできていないと、

人として、やはり辞めた後も

「あの人はどのような人だろう」

という印象を持たれてしまうでしょう。

 

仕事においては、

人に対する信頼の気持ちというのは大切なものです。

 

自分が育休中に退職をするというのは、

ある意味突然のことなので、やはり信頼を失わないように

周りの人にも接するようにしましょう。

 

そのことを忘れるようであれば、

周りの人にも迷惑をかけたまま

退職することになりますからね。

 

 

まとめ

 

今回は、育休中の妊娠、退職について考えてみました。

 

やはり育休中にはいろんなことを考えるでしょう。

 

特に、子供を育てながらの仕事について悩む方も多いです。

 

その中でも、育休中に退職を考える場合には、

よく考えてから行動してもらいたいです。

 

会社を休ませてもらっているので、

ありがたいという気持ちをいつまでも持っていてほしいです。

 

ついつい、自分のことばかり考えてしまいがちですが、

やはり会社のことも考えながら

上司や部署の方にきちんと説明するようにしましょう

 

それがないと、やはり人間としてどうなんだろう

という感じがしてしまいます。

 

信頼関係を最後まで持てるように、

きちんとした退職をするようにしたいものですね。

 

これを忘れるようでは、

きちんとした社会人とは言えないでしょうね。

 

育休中に退職することについては、

深い意味があるなと思いました。

タイトルとURLをコピーしました