入学祝いのお返しって必要?「微妙な距離感」ならこう贈る!

スポンサーリンク

子どもが小学校に上がって

入学祝いをもらうとうれしいですね。

 

でも、いただいた相手によっては

「入学祝いのお返し」を贈るべきか

迷うこともあるでしょう。

基本的には、いただいたお祝いには

「内祝い」を返します。

 

入学祝いのお返しというより

「喜びのおすそ分け」の気持ちとして贈ります。

 

そこで、今回は

入学祝いのお返しは、「のし」が必須!正しいマナー徹底的解説!

微妙な距離感…。入学祝いのお返し、親戚はどうすればいいの?

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

入学祝いのお返しは、「のし」が必須!正しいマナー徹底的解説!

入学祝いのお返しには

「のし」をつけましょう。

蝶結びの水引のし紙の

上段に「入学内祝い」と書きます。

 

そして、下段に「子供の名前」を書きましょう。

 

内祝いの金額の目安としては

いただいた贈り物・現金の

「2分の1から3分の1」を目安に

用意すると良いですね。

 

一般的には、お菓子などの消えものがおすすめです。

 

また、祖父母などには、

お返しは子供の写真・アルバムなど

特別なものがおすすめです。

 

子供の成長が、きちんと伝わるものが良いでしょう。

 

我が家の場合には、

子供の入学祝いのお返しは

包んでいただいた額の2分の1の金額をお返ししました。

 

ショッピングセンターで使える

商品券(ギフト券)を、お返ししました。

 

皆さんから、とても喜ばれました。

 

子供の成長を、お祝いしてくださった方に

お礼の気持ちが伝わり良かったです。

 

微妙な距離感…。入学祝いのお返し、親戚はどうすればいいの?

 

入学祝いのお返しで

親戚はどうすればいいのでしょうか。

お付き合いの薄い親戚の場合に

お祝いの返しを準備する必要が

あるのかどうか悩みますね。

 

一般的には、親戚から

お祝いをいただいた時には

お返しはする必要はないようです。

 

しかし、中には

必要だという人もいるようです。

 

逆に、親戚の方から

「お返しはいらないからね」と

お気遣いいただくこともあったりします。

 

個人的には、お祝いをいただいたのですから

やはり、お返しはした方が

気持ち的には落ち着きますね。

 

親戚によっては、

1万円~3万円ほどのお祝い金を包んで

子供の入学祝いをしてくれることもあるでしょう。

 

「半返し」で内祝いを贈ると良いですね。

子どもの字・絵を添えるのも

また、品物と一緒に

「子供の字」でお礼のお手紙や

絵・メッセージカードなどを添えると

気持ちも伝わりやすくなるでしょう。

 

我が家の場合には、やはり親戚にも

同じように内祝いのお返しをしました。

 

まとめ

 

今回は、

入学祝いのお返しは、「のし」が必須!正しいマナー徹底的解説!

微妙な距離感…。入学祝いのお返し、親戚はどうすればいいの?

についてご紹介してきました。

 

入学祝いは、自分の子供の成長を

祝ってもらえるものとしてありがたいものですね。

 

しかし、その時のマナーは

あまり皆さんに知られていないことが多いですね。

 

内祝いをする場合には、きちんと

のしをつけてお返しをするようにしましょう。

 

特に、年配の方ですと

こちらがマナーを知っているか知っていないかで

相手の印象も変わってきますね。

 

親戚から、入学祝いをいただいた場合にも

同じように半返しをすると気持ちよくお付き合いできますね。

 

タイトルとURLをコピーしました