同棲中の彼と別れたい!でもお金がない!心も経済的にも自立するには?

スポンサーリンク

同棲を始めた頃は幸せいっぱい。

 

でも、過ごしてみるとお互いに色々なズレ

感じてくることってありますよね。

それが許せる範囲なら結婚も考えられますが、

許せないものだと別れを決心することもあります。

 

でも、同棲をしたものの、

別れて出ていくためにお金がかかる…

 

そんな時はどうしたらいいのか。

 

また、同棲中にお金のことで喧嘩をしないためには、

どんな対策をしてきたらよかったのか

 

今後の同棲を考える方は参考にして下さいね。

 

 

スポンサーリンク

同棲中にお金のことで喧嘩ばかり。2人が納得いくコツは?

お金に関わる方はどんな方でもシビアになり、

もめごとの原因になります。

 

同棲をしていく上で、

彼とどんなふうに話し合うのがいいのでしょうか。

 

支出はお互いにシェアであること

まずはお互いの収入を打ち明け、

支出がどれぐらいかかるのか計算をしておきます。

 

お互いに自分自身しか使わないもの、

例えば、「化粧品は自分の支払いからする」のがいいですね。

 

家賃や光熱費は折半をしてしまう方法もあります。

 

食費や日用品はどちらかが食費、

どちらかが日用品で分けてもいいですが、

封筒に互いに同じ額のお金を入れ分けて、

食費用、日用品費用と分けるのがやりやすいと思います。

 

残った額は一緒の貯金に入れても、

お互いに分配してもいいですね。

 

支出は必ずかかるものなので、お互いに偏りがないように、

きちんとシェアをするようにします

 

同棲のお金管理。銀行口座はこう使い分ける!

同棲をしている段階での

お金の管理はしっかりしておかないと、

お互いに苦労することになりますね。

 

貯金は銀行口座を使うと思いますが、

口座の貯金には注意も必要です。

 

貯金は口座が一緒でもいいけれど…

貯金は、今後の2人のためにと考えておく場合が多いですね。

 

結婚式に、新婚旅行にと、使用用途は色々あります。

 

なので、2人のための貯金は口座が一緒でも大丈夫なのですが、

心配な点もあります。

 

それは別れ話になった際…

 

どちらかの名義の口座に入れておくと、

相手が分けるのをしぶった場合が少々面倒ということです。

 

同棲期間中も共有財産として一応、

財産分与ができるとされていますが、

そこまで話を大きいものに持っていくのも

ストレスが溜まりますよね。

 

そうならないためには、

貯金口座を別々にしておくのが無難

 

別れ前提で考えておくのも縁起が悪いようですが、

まだ結婚をしていない状態なら、

視野に入れておいた方が安全です

 

▼こちらの記事も合わせてどうぞ!

同棲中にお金が貯まるカップルの絶対条件とは?!高収入は関係ない!
同棲中に、できればお金を貯めておきたいな と考えているカップルも多いでしょう。 そんなカップルの絶対条件とは、 どのようなものがあるのでしょうか。 これには、高収入は関係がないといわれています。 ...

どうしても無理。同棲中の彼との別れ…お金はどうしたら?

色々頑張ってきたけれど、

同棲していた彼と性格や価値観が合わない

ということもありますよね。

 

そんな時は別れを決心しますが、

それにもお金がかかるので、

今すぐには、といかないこともあります。

 

実家があるなら頼ろう

相手のことが嫌になってしまったら、

一緒にいるのも苦痛なことがありますね。

 

そんな時は、実家が近くにあるなら

一時的に身を寄せるのもありです。

 

実家に荷物を引き上げて、

次の引っ越し先が見つかるまでは住まわせてもらいましょう。

 

実家に頼れない場合は「家庭内別居」で、でも支出シェアは継続して

身を寄せるところがない場合は、

すぐに出るということはできません。

 

その場合は、お互いの干渉は最低限に、過ごすのが良いでしょう。

 

ただ、家賃や光熱費等は継続しているので、

そこはきちんと支払いシェアしておきましょう。

 

そうでないと、もめごとの原因となってしまいます。

 

まとめ

 

同棲をしていく上で、相手との価値観の違いに気づく…

よくあることだと思います。

 

別れの原因のほとんどが、価値観の違いです。

 

それは仕方のないことなので、次の出会いを期待しつつ、

お金に関しては今の彼ときっちり片をつけてから

同棲解除をするといいですね。

 

嫌になってしまっても、1度は好きになったわけですから、

お金については家を出る最後までシェアをしておくようにし、

お互いに気持ち良く別れられるようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました