急な転勤・異動…引っ越し準備いつから?最低3日前には相見積り!

スポンサーリンク

「そろそろ転勤・異動が来そうだな

でも引っ越しなんて自分でやったこと無いし」

サラリーマン独身男性の方で、

引っ越し経験が初めての人にとっては

 

どんな流れなのか?

何から手をつけたら良いのやら

戸惑ってしまうことも多いかもしれませんね。

 

家具の移動作業は

引っ越し業者に頼むとしても、

細かな準備とか何をどうしてもいいのか?

分からないだらけで…。

 

そこで、独身サラリーマンの引っ越しは

何から優先的に準備をするものなのか?

 

失敗しない引っ越しのコツを

一緒に考えていきましょう。

 

スポンサーリンク

最優先は「引越し相見積り」準備!

まずは、引っ越しの

全体スケジュールを把握しましょう。

通常は、時間的に

余裕を持って取りかかれるように

引っ越し予定の「1~2カ月前」には

引っ越し業者を決めておくものです。

 

「早割プラン」を

用意している会社もあるため

時間・費用面でお得になるわけです。

 

でも、急な転勤・異動の場合は、

そうもいきませんよね?

 

引っ越し業者比較サイト

口コミ評判をチェックする

時間的なゆとりが無いのです。

 

一般的には、

会社から指示された

複数の業者(3社ほど)に

「相見積もり」を依頼することが多いでしょう。

 

金額・条件をチェックするのも大事ですが

見積もりに来たスタッフの態度も侮れません。

 

というのも、見積り自体は

1時間ほどで済ませられるものですが

 

引っ越し業界は「競争の激しい世界」のため

 

見積もりスタッフによっては

他社の様子伺いや契約に合意するまで

その場から動かないケースもあるのです。

 

毅然とした態度で、対応しましょう。

 

時間を半日ズラすだけでも…

また、直接の交渉ですと

引っ越し希望日やダンボールの有無など

1つ条件を変更するだけで

見積価格を変えられることもあります。

 

夕方の引越便にするだけで

大幅に価格を下げられるケースも。

 

また、価格の安さだけでなく

対応の速さや丁重さなど

総合的に判断すると良いですね。

 

やはり、より安くより良い条件で

引っ越しするには、

最低でも3社からは、

見積もりを取ることが鍵です。

 

一括見積もりによる相見積もりで

相場価格よりも断然安い好条件で

引っ越した人達は、必ず相見積もりをしています。

 

お勤め先の会社の規定・指示に従うこと

もちろん、お勤め先の会社によっては

「1番安い見積金額を出した引越し業者に決定」

など、引越し業者の選定基準が

固定されている場合もあります。

 

会社の指示に従うことが大前提となります。

 

引っ越し挨拶は独身でも必要?

なかなか独身の方ですと

引っ越しの挨拶をする方は

少ないかもしれませんが

できれば、お互いの

顔・雰囲気を知るためにも

ご近所さんに一言ご挨拶に行くと良いですね。

 

最低でも、隣の家(部屋)の方には

引っ越し作業でご迷惑をお掛けしますので

作業に入る前にお声を掛けておきましょう。

 

このとき、手ぶらで行くより

  • ゴミ袋
  • ラップ

など消耗品を添えると印象が良いです。

 

「のし」などは特に必要ありません。

「隣の人が、一言挨拶に来てくれた」

というだけでも、好印象です。

 

まとめ

突然の転勤・異動による

引っ越しでもあたふたしないように

会社の規定なども確認しておくと良いでしょう。

 

また、独身でも隣近所に挨拶しておくことで

新生活も気持ち良くスタートできますよ。

タイトルとURLをコピーしました