八十八夜は農家さんにとって何の目安なの?お茶との関係は?

スポンサーリンク

八十八夜とは、よくお茶の歌にもあるように、

お茶と関係の深い言葉です。

 

八十八夜とは、雑節の一つに当たります。

雑節とは、季節の節目のことで、

節分入梅などが有名ですね。

 

八十八夜とは、春から夏に移る節目でもあります。

 

八十八夜とは、立春から数えて

八十八日目となる日のことを言います。

 

夜というのは、日の同義語と考え、

昔の太陰暦を使用していたものの名残です。

 

毎年1日くらいのずれがありますが、

だいたい5月2日あたりです。

 

この時期には、農家さんは霜がなくなる時期なので、

安定した時期でお茶が作りやすくなるのです。

 

苗代のもみまき、野菜の移植などの

農作業に最適の目安とされています。

 

お茶も、霜が降りなくなるこの八十八夜から

新茶の摘み取りが行われるのです。

 

この八十八夜とは、お茶の摘み取りに

ふさわしい時期を教えてくれる目安なのですね。

 

 

スポンサーリンク

八十八夜はいつから教えて88夜(日)目?季節と農作家

八十八夜とは、上にも挙げたように、

立春から数えて八十八日目です。

 

八十八夜といわれ始めたのは江戸時代からで、

春から夏の移る節目で、

夏の準備を始める日とされてきました。

 

また、八十八とは組み合わせると

という漢字になります。

 

その他にも、末広がりで縁起の良いが重なるので、

農作家にとっても大事な日とされてきたのです。

 

確かに、八という字は末広がりで縁起がよさそうですね。

 

昔から、やはりそのようなところにも

字に意味を感じていたのですね。

 

 

八十八夜のお茶の意味・由来とは?一番茶=新茶摘みを始める頃

八十八夜のお茶の意味・由来としては、

どのようなことがあるのでしょうか。

 

お茶は、一年に三回ほど茶摘みをします。

 

4月から5月に摘まれたものを、一番茶と呼びます。

 

今年初めて萌えた新芽から作られたもので、新茶といわれています。

 

その茶葉には、秋から春に蓄えられている栄養分がたくさん入り、

最も香りが豊かなものといわれています。

 

また、八十八夜に摘まれた新茶は、

体にも良いとされています。

 

古くから、神棚に供えるという風習もあるようです。

 

新茶の頃には、うまみ成分が強く、

また、成分が溶けやすくておいしいお茶になるのです。

 

このように、一番茶には良いことがたくさんあるのですね。

 

新茶は、1年で収穫される茶葉の中でも特別のものとされてきました。

 

一番茶は高級であるのにもまして、

八十八夜に摘まれた新茶は縁起もプラスされて、

現在では貴重とされています。

 

新茶は、1年でその時期だけ

楽しめるようなものなのですね。

 

ぜひ、この貴重な味を楽しみたいものですね。

 

 

まとめ

 

今回は、

八十八夜 夜 農家 何の目安

について考えてみました。

 

歌で有名な八十八夜という言葉の意味は、

実際にはあまりよく知りませんでした。

 

しかし、今回調べてみてこのような意味があるということを知り、

奥深いなと思いました。

 

特に、私はお茶が大好きです。

 

中でも緑茶が好きなので、

一番茶が新茶ということも初めて詳しく知れて良かったです。

 

また、農家の方の新茶を摘むという目安

八十八夜と深くつながるということも分かりました。

 

昔の方は、このような言葉で

目安を考えていたのだなと思いました。

 

今でも、この時期を目安に考えて

お茶の摘み取りをされているのだと考えると、

昔の方はすごいなと感心します。

 

他にも、八十八夜がと関係したり、

末広がりの文字で特別の日というのも分かりますね。

 

昔から伝わる八十八夜に、

関係のあるいろんな意味が分かり、大変勉強になりました。

 

これからも、お茶を頂く時には、

八十八夜のことも考えながら頂きたいなと思いました。

 

また、味わい方が変わってくるような気がしますよね。

 

特に、八十八夜が5月2日前後

ということも初めて知りました。

 

ぜひ、子供にも教えてあげたいなと思いました。

 

タイトルとURLをコピーしました