共働き子育て「限界」感じる前に読め。相談できれば苦労しないわ!

スポンサーリンク

共働き子育て限界を感じたら

「無理は禁物!周りに相談をすることが大切!」

・・・って言うけど

 

「それができりゃあ苦労しないぜ」

って思いません?笑

1番頼りにしたい旦那は

残業・休出・俺の身支度だけで

すでにいっぱいいっぱい。

 

実家は遠くて頼れない。

むしろ、年を取った親は「介護待ち」状態。

 

無理・限界=1人で頑張っている証拠。

 

だからといって

誰かに相談したところで

 

「状況が変わるわけでも

解決できるものでもないんだから

意味ないじゃん!」

 

・・・と思う気持ち、とてもよくわかります。

 

そこで、今回は

共働きの子育て、実家が遠いときに「頼れる存在」は?

共働きの子育て、もう疲れた…自治体・ファミサポ「話すだけ」でも楽になる

についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

共働きの子育て、実家が遠いとき「頼れる存在」は?

共働きの子育てで実家が遠いときには

どのように、子育てをしたらよいのでしょうか。

我が家も、主人の実家は近所ですが

私の実家が遠くにあります。

 

義母にお願いはできますが

やっぱりちょっと遠慮してしまいます。

 

特に、自分が体調を崩したときなどは

どうしても頼りづらく

実の両親が近くにいてくれたら助かるのになぁ

と思うことが多いです。

 

共働きで、実家が遠くて

手伝ってもらえない場合には

  • 保育園
  • 病児保育
  • ファミリーサポート

この辺りが現実的ですが、他にもあります!

「シルバー人材センター」の家事代行サポートも!

さすがに、

ベビーシッターさんは費用も高いので

高給取りでもなければ

お願いできるものじゃないですが

 

「シルバー人材センター」という手もあります。

 

家事代行サービスのように

家事・料理・掃除・部屋の片付けなど

「安めの時給で」軽作業を受けてくれたりします。

 

ただし、

誰もいない留守時に、自宅の鍵を預けて作業する形態はNG
週2回など定期的な依頼もできるが、毎回同じ担当者を派遣できるわけではない

とのことでした。

 

本当はね

洗濯・部屋の片付けなどは

収納する場所や順番・パターンとか

マイルール的なものが決まっているので

いつも同じ人にお任せできたほうが良いですし

 

そもそも、夫婦で会社勤めだと

自宅にいる時間は夜や休日など

「利用時間の対象外」だったりするので

 

シルバーさんは、なかなか利用しづらいかもしれませんね。

「ママ友」は強い味方!

また、私の場合には

近所に住むママ友達も強い味方になってくれますよ!

 

子どもが幼い頃からよく遊んでいる親子です。

 

子供の性格・好み・気性も

よく知ってくれているので

 

晩ごはんを作る間など、

お互いの子どもを預かったり

外で遊ぶのを見守ったりします。

 

ほんの少しの時間でも、

ササッと家のことができるので

少し解放された気持ちになるものです。

 

「日々のことで手いっぱいな現状」を話していると

お互いより協力しやすかったりしますよね。

 

「子ども」だって立派な戦力!

また、子どもだって

お手伝いで助けてくれたりしますよね!

 

我が家では

  • 洗濯物干し&畳み(靴下・タオル・ハンカチなど簡単なもの)
  • 食器洗い(洗うのはママがやっておいて、水ですすぐのを任せる)
  • 夕食の準備(お箸・スプーンを並べてもらうだけでも助かります)

ささやかなことでも助かるものです。

 

下の子が産まれたばかりのときは

オムツやミルクを持ってきてもらったり

離乳食の準備中に赤ちゃんをあやしてもらったり

 

正直、貴重な戦力でした(笑)

 

「ありがとう、〇〇ちゃんのおかげで助かった」

心から出た感謝の言葉は

 

「ママの役に立てた!」

子どもの自信・意欲・成長にもつながります。

 

このように、実家が遠くても

身近なところで助けてくれる人は

探そうと思えば意外と見つけられるものです。

 

あれ・・・旦那さんはカウント外?笑

 

旦那さんが家事・育児に

あまり協力的でなかったとしても

世の中、イクメンパパばかりじゃないですからね。

 

夫婦がそれなりに仲良くいられるのなら

「まずは十分!」と思うのが

夫婦円満のコツかもしれませんよ。

 

▼『もうちょっと協力的になってほしい…』と思うママさんは、こちら参考にどうぞ

旦那が家事育児しない共働きに限界!動く夫に変わる5つのコツ教えます
共働きだというのに、家事は妻のわたし。育児も妻のわたし。 私は座るヒマさえないほど忙しい毎日なのに、自分はゴロゴロしてテレビを見て、のんびりして。 いったいどういうこと?! と感じる妻が多いのが共働き夫婦の現実では...

 

共働きの子育て、もう疲れた…自治体・ファミサポ「話すだけ」でも楽になる

共働きの子育てで「もう疲れてしまった」

というママは多いのではないでしょうか。

そんな時には、

自治体やファミリーサポートに

あるいは、保育園の先生に相談しても良いのです。

 

サポートを利用するかしないかは、先の段階。

 

特に、女性は

「なんてない話を聞いてもらうだけ」でも

ふっと肩の荷が下りたり

気持ちが楽になったりするものです。

 

共働きだと、なかなか

友人や保育園ママ同士で

ゆっくり話す時間も取れなかったりしますよね。

 

送り迎えの2、3分でも・・・

 

例えば、ファミサポだと

残業・習い事の送り迎えを

お願いできたりしますが

 

仕事が終わって

ファミサポ会員さんの自宅に

子どもを迎えに行った時など

 

ちょっと顔を合わせたときに

2~3分、立ち話をするだけでも

気持ちが前向きに切り替わったりするものです。

 

特に、子育てが一段落した

先輩ママさんだと

自分の気持ち・置かれた状況に

共感してくれたりしますよね。

 

疲れた自分を

見守ってくれる存在がいる。

 

身近にいると気づくだけでも

心が軽くなるかもしれませんね。

まとめ

今回は、

共働きの子育て、実家が遠いときに「頼れる存在」は?

共働きの子育て、もう疲れた…自治体・ファミサポ「話すだけ」でも楽になる

についてご紹介してきました。

 

共働きで、やはり実家が遠いと

どうしても自分だけで

限界まで頑張ってしまうママは多いと思います。

 

見守ってくれる人がいる

手助けしてくれる人がいる

 

今回、ファミリーサポートの存在が

ママのとても力になることが分かりました。

 

必要に迫られたときはもちろん

頑張りすぎていると気づいたら

 

「自分や家族に優しくするため」に

利用してみるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました