赤ちゃんウケ抜群!離乳食「おやつ」の手作りレシピおすすめ紹介!

スポンサーリンク

離乳食

 

赤ちゃんがおっぱいやミルク以外に

はじめて食べるもの。

この離乳食、本当にママは大変ですよね。

食べてくれないし、手間はかかるし。・・・

 

でも、この時期に

人の味覚は育つと言われていますから、

大切な食事であることも確かです。

 

この離乳食が3度の食事となり、

ほとんど卒乳したら、

「おやつ」をあげることになります!

 

赤ちゃんが喜ぶ離乳食おやつレシピは、

どんなものがあるのでしょうか?

 

https://cookpad.com/recipe/786764

手づかみうどんです。

自分の手でもり、自分で口に運べて食べやすい!

赤ちゃん喜ぶこと間違いないですね。

 

https://cookpad.com/recipe/1015601

こちらはさつまいも豆乳おやき

美味しそうです!

さつまいもの甘さが赤ちゃんにとっては

たまらないのではないでしょうか?

 

https://cookpad.com/recipe/1931034

次はバナナパンケーキ

自分ですべて作れるのでとってもヘルシー!

赤ちゃんも手づかみできて食べやすそうです!

 

次もカンタン!ヘルシー!リンゴのコンポートです!

https://cookpad.com/recipe/1308713

このようにさつまいもを蒸したり、

かぼちゃを蒸したりするだけでも、

十分におやつとしていただけます!

 

https://cookpad.com/recipe/1385620

こちらは完了期におすすめのおやつ。

手づかみ納豆おやきです。

栄養満点の具材が細かく刻まれて入っています!

 

大人が食べても美味しいおやつばかりです。

一緒に食べて楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

離乳食デビュー!ミルク以外の飲み物はいつから飲ませて大丈夫?

離乳食がはじまって、

そろそろミルクやおっぱい以外の飲み物を

と考えはじめますよね。

 

離乳食がはじまれば、お風呂上りや

外遊びから帰宅したときをタイミングにして、

白湯や麦茶をちょっぴりあげることから始めます。

 

最初は嫌がるかもしれないですし、

ずっと嫌がるかもしれません。

 

でも、みんなみんな飲むようにはなるので、

あまりピリピリしなくても大丈夫!

 

水は生水ではなく、必ず一回沸騰させて

冷ましたものをあげます

 

ミネラルウォーターも

一度過熱するようにしましょう。

 

面倒ですが、衛生的にも大切です。

 

お茶はとにかくノンカフェインで。

 

私の体験談ですが、一度、

番茶ならと思ってあげたら

カフェインが少しあって、

お昼寝もせず、夜も珍しくギンギラギンに起きていて、お茶のせいだと判明しました。

 

ずっと相手をしなくてはいけませんでした!

 

お茶はノンカフェインの麦茶が安心

はじめて口にするものでもあるので、

 

こだわりたいママなら

オーガニックの麦茶もいいですね。

 

健康食品店に行くと販売しています。

味も美味しいですよ。

 

ジュースとか果汁をしぼったり、

とか考えがちですが、

糖分を摂取することになります

 

虫歯の心配などもありますから、

もう少し大きくなるまでの

お楽しみにとっておきます。

 

 

目安が知りたい!月齢別の離乳食や飲み物の量ってどれくらい?

【一回あたりの量】

 

離乳食初期5~6か月

ゴックン期

離乳食1日1回~2回。

主食はまだ母乳とミルクを好きなだけあげる。

 

10倍がゆ さじ1杯

野菜          ペースト状でさじ1杯

たんぱく質(お魚や豆腐)さじ1杯

※たんぱく質は離乳食がスタートして

1か月経過して からあげます。

 

離乳食中期7~8か月

もぐもぐ期

7~5倍がゆ 50g~80g

野菜    かなり細かく刻む20~30g

たんぱく質 10~15g

 

離乳食後期9~11か月

 カミカミ期

 5倍がゆ  90g

軟飯    80g

 野菜    細かく刻む30~40g

 たんぱく質 15g

 

離乳食完了期12~18か月

 パクパク期

 軟飯    90g

ごはん   80g

 野菜    みじん切り40~50g

 たんぱく質 15~20g

 

水分としてあげるようになるのは、

基本的には卒乳してからです。

または、3回食が固定してからが基本。

 

でも、外遊びの後やお風呂上りに、

冷ました白湯や麦茶を

一杯あげるところからスタートです。

 

基本的にはまだまだ母乳やミルクが主です。

 

 

まとめ

 

以上、離乳食についてまとめてみました。

 

正直言って、離乳食は

マニュアル通りには決して行きません

 

はじめての食べ物なので、

食べないことも普通です。

 

でも、3年経って食べない子は一人もいません。

 

なので、そんな気持ちで

力を入れ過ぎずにいてくださいね

 

私は離乳食時代がとにかく辛かったです。

まわりもスムーズな子はいませんでした。

 

自宅だと二人きりで煮詰まるので、

よく同じ時期のママと離乳食をもって

赤ちゃん広場にいきました。

 

そして、共に悩んだママたちも

二人目の時はみんな

「一人目の時みたいにできないわ!」

と言って笑っていました。

 

食べなくても

偏食がひどくても

 

結局は

みんな元気に大きくなっています。

 

私の子どものように、

いっぱい食べた子が、あまり食べなくなっていたり。

 

全然食べなかった子が、

モリモリ食べて大きくなっていたり。

 

お母さんの一生懸命の愛情が伝わって

大きくなっていくんだなぁと

ふと思う最近です。

 

離乳食は「食べる練習」ぐらいの気持ちでいて、

あまり気負いすぎずにいてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました