【失敗例も】空き家をカフェに費用はいくらかかる?メリットデメリット

スポンサーリンク

最近、空き家を利用したカフェを増えており、いつかはそのようなカフェを始めたいと思っている人も増えています。

 

空き家をカフェにする場合、費用がいくらくらいかかるか調べてみましたが

結論から言うと「ピンキリ」となります。

 

空き家カフェの費用と事例、メリット・デメリットについて解説をしていきます!

 

スポンサーリンク

空き家カフェの事例紹介。地方・都会、リフォーム内容で費用はピンキリ

空き家カフェと一言で言っても、

地域性(地方なのか都会なのか)や

空き家の状態(リフォームの必要性)で、かかる費用は大きく異なってきます

 

費用はピンキリですが、

高い場合には1000万円は簡単に超えますし、

テナントで良いのであれば、300万もあれば開業は可能です。

 

以下、空き家カフェの事例ごとにかかる費用について解説をしていきます。

 

古民家の空き家カフェ

 

まず、空き家カフェの中でも最も人気が高いのが古民家の空き家カフェですよね。

 

買い手がつかない田舎の古民家を買い取り、カフェ用にリノベーション、

そして住民や観光客の憩いのお店にするのは憧れますよね。

 

しかし、古民家カフェの場合には費用も最もかかってしまいます。

 

古くて状態が悪い古民家の場合、まずは人が入れる状態にするのでも一苦労です。

 

そしてそれに加えて古民家カフェとしてのおしゃれな雰囲気やインテリアを揃えるのに、

さらにお金がかかります。

 

リノベーションやリフォームの内容にもよりますが、

場合によって、費用は普通の店舗を買うよりも高くなってしまうこともあります。

 

空き家を利用したカフェ

 

地方や都会にも買い手がつかなくなった空き家はあります。

 

比較的新しい空き家でしたらリフォーム費用も抑えることが可能であり、

資金面でも苦しくなりづらいです。

 

また、空き家の広さによっては住居と兼用をすることも可能です。

 

お店と住居を一緒にしたい場合、フルリフォームだとしても、

新築を買うよりは安く済むことも多いです。

 

テナント型の空き家カフェ

 

空き家ですが、テナントとして出されている場合には、

そちらをカフェとして利用することも可能です。

 

その場合、家賃はかかってしまいますが、初期費用が小さくなるのが大きなメリットです。

 

また、カフェ経営に失敗をした場合でもリスクを小さくすることができます。

 

このように空き家カフェでは様々な事例があります。

しっかりと考えた上で無理のない形体を選ぶようにしましょう。

 

空き家をカフェにして開業する場合のメリット・デメリット

空き家をカフェにして開業する場合、メリット・デメリットも気になりますよね。

 

まずはメリットからです。

 

空き家カフェのメリット①賃貸料がかからない

 

テナントではなく、空き家を買い取って空き家カフェにする場合には、

賃貸料がかかりません。

 

特に長年空き家として買い手がつかない家は破格の値段で売られていることもあります。

 

空き家カフェのメリット②自分の好きな空間を作れる

 

空き家カフェでは素敵な空間作りが最も大切となっています。

 

空き家を買ってしまえば後は好きなように空間を作ることができるので、

自分の好きなカフェ作りをすることができます。

 

空き家カフェのメリット③住居としても使える

 

空き家の規模によってはそのまま住居としても兼用ができるので、

資金の節約が可能となっています。

 

続いてデメリットです。

 

空き家カフェのデメリット①競争が激しい

 

空き家カフェは人気が高まっており、競争も激しいです。

 

オリジナリティがある素敵な空き家カフェを作らないと、

常連客も少なくなり経営も苦しくなってしまうでしょう。

 

空き家カフェのデメリット②不動産ではなく「負動産」になる可能性

 

空き家を買い取って空き家カフェにしたのは良いけれど経営に失敗した場合、

空き家カフェは不動ならぬ「負動産」になりやすいです。

 

その結果、大きく損をしてしまうこともあります。

 

このように空き家カフェにはメリット・デメリットもあるので、

しっかり事前に把握をしておくようにしましょう。

 

まとめ

空き家カフェの費用ですが、はっきり言ってピンキリです。

 

事例や形体によっても費用は大きく変わり、

高い時には1000万を軽く超え、安くても300万ほどはかかるでしょう。

 

また、空き家カフェを経営する場合にはメリットデメリットもあります。

 

これらをしっかり理解した上で、

憧れの空き家カフェ経営について検討をしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました