女子ゴルフウェアがダサい理由&レディースのダサいブランドはコレ!

スポンサーリンク

会社の上司に誘われて、ゴルフに行くことになったら、

張り切ってゴルフウェアを買いたくなりませんか?

いつもの打ちっぱなしではなくて、初グリーンですから!

けれども、ネットや店頭で見ても、ゴルフウェアはダサいのばかり。

こんなのダサくて着る気がしない・・・。

けれども、ゴルフクラブによってはドレスコードが厳しいらしく、

襟付きのトップスとか、ボトムスはインするとか、細かいこともありますよね。

 

実は、ゴルフウェアでもブランドによってデザインがさまざまあり、

上手に選べばダサくないゴルフウェアが見つかります。

私服でもゴルフウェアに使えるブランドもあります。

 

一例としては、ゴルフ初心者だからと言って、

UNIQLOやワークマンのポロシャツとチノパンというのは、

ゴルフ場ではかなり浮きます。ダサいファッションです。

 

le coq sportif GOLF(ルコックスポルティフ ゴルフ)や、

Munsingwear(マンシングウェア)など、

老舗ゴルフウェアのブランドであれば間違いありません!

 

ここでは、ゴルフウェアのダサい理由やダサいブランドについて、

詳しく説明します。

 

スポンサーリンク

女子ゴルフウェアがダサい理由&レディースのダサいブランドはコレ!

女子ゴルフウェアがダサいのは、実はちゃんとした理由があるのです。

 

その1つは、ゴルフウェアはグリーンに立った時に目立つように作られています。

そのため、奇抜なカラーや柄のものがゴルフウェアには多いのです。

街中ではダサい色でも、ゴルフウェアとしては大切な機能だったのです。

 

もう1つ、ゴルフウェアがダサい理由があります。

ゴルフウェアは一見、私服に似たデザインです。

しかし、ゴルフといえどもスポーツなので、

動きやすさを重視したデザインになっています。

そのため、私服としてはダサいデザインになってしまっているのです。

 

特に、ダサいと巷で話題なっているブランドをこっそり教えます。

 

それは・・・パーリーゲイツです。

 

カモフラージュ柄が特徴のブランドですが、

紳士のスポーツとされるゴルフでは、ふさわしくないと感じる人が多いようです。

ゴルフ初心者に着こなすのは難しいブランドかもしれないですね。

 

ゴルフウェアを普段着はダサい。私服でも使えるブランドは?

まあまあいい値段がするゴルフウェアですから、

普段着として着たいと考える人も多いでしょう。

 

しかし、ゴルフウェアはグリーンで目立つように作られていますから、

普段着としては派手な印象です。

ゴルフウェアもスポーツウェアなので、

普段着としてはカジュアル過ぎる感じもします。

 

滅多に行かないグリーンのために、ゴルフウェアをそろえたくない人は、

ゴルフウェアなのに私服としても使えるブランドでそろえてみてはいかがでしょうか?

 

私服として使うのに重要なチェックポイントは、なるべく無地を選ぶことです。

それから、ブランドのロゴが小さいものがよいでしょう。

 

私服でも使えるゴルフウェアのブランドは、

ズバリ「デサントゴルフ」です。

 

デサントといえば、ウィンタースポーツのメーカーのイメージがありますが、

ゴルフウェアも手掛けています。

3方向に伸びる矢印マークが小さく入っている程度なので目立ちません

プーマやアディダスのように、

他人とかち合うことも少なく、おしゃれに着こなせるでしょう。

 

まとめ

ゴルフウェアがダサいと思ってしまうのは、

普段着と似ている形状にあります。

ゴルフウェアは本来スポーツをするものであり、

ゴルフ場で目立つことや動きやすいことが重視されて作られています。

そのため、ゴルフウェアを普段着の視点で評価すると

ダサいと感じてしまうのです。

 

せっかくのゴルフウェアを普段着にも使うなら、

無地でロゴが小さいものを選ぶのがおすすめです。

ゴルフ場でも普段でも、ゴルフウェアをおしゃれに着てくださいね。

タイトルとURLをコピーしました