引っ越し【ダンボール以外もOK!】ゴミ袋・衣装ケース活用!

スポンサーリンク

就職・転職を機に、進学のためになど、

引っ越しをするタイミングは人それぞれですが、

新天地での暮らしを考えるとワクワクしますよね。

でも、その前に行っておかなければならないのが、

引っ越しの荷造り

 

大体の方がダンボールを使うかと思いますが、

引っ越しの業者によってはダンボールが有料

使うにはちょっと気が引ける場合もあるでしょう。

 

そんな時は、他の物で代用することもできるのです。

 

意外とかかる引っ越しの費用、

少しでも削減を目指していきましょう。

 

スポンサーリンク

引っ越し当日ダンボールが足りない!梱包が間に合わない!どうする?

荷造りはなかなか大変な作業。

 

引っ越し当日まで頑張っていても

当日になって意外な荷物が出てきてダンボールが足りない!

という時もありますね。

 

そんな時は追加もできますし、

他の物で梱包もできるのです。

 

ビニール袋、衣装ケースで代用も可

大きめのビニール袋はゴミ用の袋でもかまいません。

 

壊れる心配のないものであれば、

ビニールに入れて運搬することもできます。

 

また、衣装ケースもダンボール代わりに使用することができます。

 

あえて衣類はダンボールに入れることなく、

衣装ケースのままで運び出してしまってもいいでしょう

 

箱に納まらない物の場合、自家用車があれば

その中に入れて運んでしまうのもオススメです。

 

業者だと費用がかかる場合は、

車に詰め込んでしまいましょう

 

 

引っ越し業者に持ってきてもらえる

当日でもダンボールが足りない場合は、

引っ越し業者に持ってきてもらうことができます

 

連絡をしなくても、数個なら余分に持ってきているでしょう。

たくさん必要な場合は連絡をしておく必要があります

 

ただ、有料オプションの場合は

追加料金がかかってしまう可能性があるので

かけたくない場合は他の物で

代用をしてしまいたいところですね。

 

スーパーで調達も可能

ダンボールはスーパーでも無料で手に入れることができます

 

当日足りない場合は、

近所のスーパーで調達してもいいでしょう。

引っ越し業者のダンボールはいつ届く?タイミングは?

引っ越しとなるとダンボールをいくつぐらい使うかの

予想って難しいですよね。

 

引っ越し業者にお願いしておけば、

自分の好きなタイミングで箱を届けてもらえ、

好きな数を注文することができます

 

使わなかった場合は無料で

引き取りをしてもらえることもあるので、

業者に確認をしておくといいですね。

 

前もってもらうことができる

引っ越しの事前でも何週間前でも、

業者を頼んだ時点でダンボールをもらうことはできます

 

有料オプションの場合は、

ホームセンタースーパーで大きめのダンボールを調達すれば

無料でもらうことができますね。

 

ただ、いっぺんにたくさんもらってくるのは

ホームセンターを利用している

他の方の迷惑になることもあるので、

注意をして下さいね。

 

▼こちらの梱包テクニックも「なるほど!」でしたよ!

View this post on Instagram

「引越しの予定があるなら要チェック❗」 - 今回は、引越しのときに使えるテクニックをご紹介します。 さっそくチェック👇 - 【飛び出し防止】 引き出しにラップを一周巻きつけて運べば、中身が飛び出さず、安全に運べます。  【お皿の梱包】 1.雑誌を数ページごとに交互に重ねる。 2.重ねたまま、ダンボールに敷き詰める。 3.雑誌を重ねた隙間にお皿を差し込めば、動かなず安定した状態に!  【台所道具の梱包】 1.調味料はお鍋に入れて、布巾をかける。 2.包丁は、キッチンペーパーを巻き、ミトンに入れる。 ▶すぐ取り出せて、便利です。  【衣類のまとめ方】 ハンガーにかかった服は、大きなショップバッグにハンガーごと入れます。 ▶ハンガーの取っ手部分に袋の持ち手をかけると、口が閉じられて便利です。  【粘着フックの外し方】 取れにくい粘着フックは、ドライヤーで温めてから、デンタルフロスを接着面に通すと簡単に外れます。 - 引越しの際には、ぜひ参考にしてくださいね😉✨ - #引っ越し #引越し #新生活 #手伝い #準備 #もうすぐお引越し #お手伝い #梱包 #梱包材 #荷造り #これから荷造り #荷造りしなきゃ #荷造り中 #荷造り大変 #荷造り進まず #引越し準備

A post shared by Onnela(オンネラ) (@onnela.tv) on

まとめ

引っ越しではダンボールは必需品とも言えます。

 

でも、有料オプションの場合は

少しセーブをしたいところですね。

 

ビニール袋、衣装ケース、自家用車、旅行用のスーツケース…

 

なんでも代用することはできるので、

壊れないか安全性を考慮しながら

梱包をしていくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました