雛人形はどれを選ぶ!?ケース飾りのメリットデメリット!

スポンサーリンク

もうすぐひな祭り

 

お子さんのために

雛人形の購入を考えている方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

シンプルな台付きのものケース付きのもの

7段の豪華なもの、など、

たくさん種類があって迷ってしまいますよね。

 

また雛人形を選ぶ時に気になるのは、

デザインや値段の他にも、飾るスペースの大きさや、

片付けのしやすさなどもあります。

 

マンションなど省スペースで飾りたいと

思っている方に人気なのが、

ケース飾りのタイプです。

 

今回はそんなケース飾りタイプの雛人形の

メリット・デメリットをご紹介します。

 

 

[ケース飾りのメリット]

 

・ホコリを被らないので汚れない

ケースに入ったままなので、

雛人形にホコリが被ったり汚れることがありません

 

日焼けにだけ気をつけていれば、

何年も美しいまま保つことができます

 

 

・比較的リーズナブルなものも

台飾りのものよりもコンパクトなので、

お値段を抑えたタイプも多く出ています。

 

ガラスケースではなく、プラスチックのものなどを選ぶと

よりリーズナブルに。

 

なおかつ安っぽく見えないデザインもたくさん出ているので

探してみるのも良いですね。

 

 

・収納がスムーズ

ケース無しと比べて、

周りの飾りも据え置きのものが多いので、

ケースごと取り出したり、そのまましまうことができます

 

 

[ケース飾りのデメリット]

 

・収納スペースを取る

収納がケースごとで簡単な分、

ケース自体が大きい場合は

意外と収納スペースを取ってしまいます。

 

ケース無しのものをバラバラの箱に入れて

ひとつひとつ収納するよりも幅を取るということも。

 

実際にケースが邪魔で、

後々ケースだけ業者に頼んで外してもらう

なんてこともあるようです。

 

 

・ガラスケースが重い/危ない

豪華なケース飾りとなると、

その分大きいケースになります。

 

ケースの素材がガラスだと、

出し入れの際重くなってしまいますよね。

 

また、ガラスケースは割れると

とても危ないので、注意が必要です。

 

 

・「飾る」楽しみがなくなる

ケースごと出して飾るだけでおしまい!なので、

ひとつひとつ「飾る」という楽しみがなくなることも

 

雛人形を直接触って、お子さんと一緒に飾ることで

愛着も湧いてきますし、

ものを大切にする、という気持ちも生まれます。

 

 

スポンサーリンク

あなたの好みはどれ?雛人形のおススメ人気ブランドトップ3!

雛人形はやっぱりブランドで選びたい!

オススメランキングはこちらです。

 

[第1位] 久月

有名ブランドトップといえば久月

伝統的な落ち着いたものから、

意外とリーズナブルなものまで豊富です。

 

[第2位] 吉徳大光

顔がいのちの吉徳でおなじみの老舗ブランド。

シックな顔立ちや色合いが特徴です。

 

[第3位] リヤドロ

人気の陶器雛人形ならこちら。

実は、スペインのブランドなんです。

雛人形や五月人形以外にも、

陶磁器の食器などを扱っています。

 

 

正しいのはいつからいつまで?雛人形を飾る正しい時期はいつ?

一般的には雛人形を飾り始める時期は、

立春(2/4)から2月中旬にかけてが良いでしょう。

 

節分で豆まきをし終えたら飾り始める

と覚えておきましょう。

 

また、ひな祭りの3/3が終わったら

すぐにしまわないと、お嫁にいけない!

なんて言われていましたが、迷信とのこと。

 

よく晴れた日にしまうのが良いと言われています。

 

実は、お雛様を飾る時期に決まりはなく

年明け頃から飾るという方も。

 

また、絶対大安の日に飾りたい!

と決めているお家もあるようです。

 

地域や家によって変わってくることも。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は雛人形についてご紹介しました。

 

ひな祭りは年に1回の女の子のお祭り

健やかに成長し、幸せになれるように願う大切な行事です。

 

お気に入りの雛人形を見つけて、飾ってみてくださいね!

 

タイトルとURLをコピーしました